男性の陰茎に出来るぶつぶつを知るTOP > 男性器ぶつぶつの補足記事 > 海やプールでの接触感染の可能性もある尖圭コンジローマ

海やプールでの接触感染の可能性もある尖圭コンジローマについて

 
尖圭コンジローマの主な感染経路は、接触感染であると言われています。
特に性行為が感染経路となる事が多く、この場合の感染率は50%と非常に高いのが特徴です。
しかし、必ずしも性行為だけが感染経路となる訳ではありません。
その為、尖圭コンジローマの性行為以外の接触感染にも、注意すべきでしょう。

実際に、性行為以外の接触感染によって、尖圭コンジローマに感染したという報告はあります。
それは、皮膚の傷口や粘膜の傷口から感染したというものです。
このように、尖圭コンジローマは非常に感染しやすく、小さな傷口であっても気をつけなければいけません。

また、接触感染という言葉が表すように、自分以外の人との肌の接触が起こりやすい場所は危険です。
例えば、海、プールといった場所が、肌の接触が起こりやすい場所と言えるでしょう。
さらに、尖圭コンジローマの患者は、肌の接触が起こりやすい場所の利用率が、そうでない人の3倍高かったというデータもあります。
その為、海、プールといった場所に行く際にも、感染を注意する必要があります。

勿論、海、プールに行ったら必ず感染するという事ではありません。
ただし、必ずしも感染しないとも言い切れないという事を、覚えておくべきでしょう。
そこで、遊んだ後は身体を綺麗に洗うといった、衛生管理を行いましょう。
そして、海、プールなどに行った後、気になる症状が現れたら、速やかに医療機関に足を運ぶようにすべきでしょう。
 

男性器ぶつぶつの補足記事記事一覧

海やプールでの接触感染の可能性もある尖圭コンジローマ

尖圭コンジローマの主な感染経路は、接触感染であると言われています。特に性行為が感染経路となる事が多く、この場合の感染率は50%と非常に高いのが特徴です。しかし、必ずしも性行...

尖圭コンジローマの治療薬で炎症が起こるのは本当?

尖圭コンジローマの治療薬として、医師が処方する事もあるのがベセルナクリームです。ベセルナクリームは、塗布した部位の免疫機能を向上させる働きを持つ、尖圭コンジローマの治療薬です。...

包茎手術後に大きく腫れてしまうことはあるのか

包茎手術を受けたら、腫れてしまうことは珍しくありません。メスを入れるわけですから、傷口ができてしまい、そこから雑菌などが繁殖するということは考えられるでしょう。程度の違いは...