男性の陰茎に出来るぶつぶつを知るTOP > 男性器ぶつぶつの補足記事 > 包茎手術後に大きく腫れてしまうことはあるのか

包茎手術後に大きく腫れてしまうことはあるのかについて

 
包茎手術を受けたら、腫れてしまうことは珍しくありません。
メスを入れるわけですから、傷口ができてしまい、そこから雑菌などが繁殖するということは考えられるでしょう。
程度の違いはあるでしょうが、包茎手術を受けた方に共通する特徴です。
しかし、あまりにも腫れが酷くなってしまわないかには注意を払わなければいけません。

ある程度痛んだりするのは避けられませんが、度を超えたような症状が出るなら、医者の方に診てもらった方が良いでしょう。
陰茎というものは、替えの効くものではありません。
もし何か問題が発生したら、取り返しがつかなくなる部位ですので、慎重になるぐらいで丁度良いのではないでしょうか。

また、包茎手術後の生活習慣によっても症状が異なってきます。
勃起の詳しいメカニズムは知らなくても、血液の流れで起こるというのは恐らく多くの方がご存知でしょう。
そのため、頻繁に勃起しているような場合は腫れが起こる可能性は高くなるかもしれません。
とは言え、男性の場合には朝立ちというものがあり、また意識しなくても勃起してしまうこともあるのが実情です。

意識しない勃起に関しては仕方がないと諦めるしかありませんが、意識して勃起させることは避けた方が良いでしょう。
前述の通り、元々腫れやすい状態なので、勃起の回数が多いと傷口に影響が出るかもしれません。
どのくらいの期間が経過すればいつも通りに戻るかは人それぞれですが、一ヶ月ぐらいは注意した方が良いでしょう。
 

男性器ぶつぶつの補足記事記事一覧

海やプールでの接触感染の可能性もある尖圭コンジローマ

尖圭コンジローマの主な感染経路は、接触感染であると言われています。特に性行為が感染経路となる事が多く、この場合の感染率は50%と非常に高いのが特徴です。しかし、必ずしも性行...

尖圭コンジローマの治療薬で炎症が起こるのは本当?

尖圭コンジローマの治療薬として、医師が処方する事もあるのがベセルナクリームです。ベセルナクリームは、塗布した部位の免疫機能を向上させる働きを持つ、尖圭コンジローマの治療薬です。...

包茎手術後に大きく腫れてしまうことはあるのか

包茎手術を受けたら、腫れてしまうことは珍しくありません。メスを入れるわけですから、傷口ができてしまい、そこから雑菌などが繁殖するということは考えられるでしょう。程度の違いは...